蒙古タンメン中本のカップラーメンは辛味オイル抜いても美味しかった

蒙古タンメンカップラーメンの画像






どうもてっちゃんです!

今回は僕が好きなカップラーメンベスト5には入る「蒙古タンメン中本」について紹介したいと思います。

ただ紹介するだけではつまらないので、僕おススメの食べ方も教えちゃいます!

蒙古タンメン中本とは

蒙古タンメン中本(もうこタンメンなかもと)とは東京都板橋区に本店を構えるラーメンチェーン店。
肉や野菜をスープで煮込みタレを加える「タンメン」を提供している。

蒙古タンメン中本の前身、中国料理中本(ちゅうごくりょうりなかもと)は1968年9月、板橋区に開店した。創業者は中本正(2014年3月6日没)で、屋号は創業者の姓を取ったものである。創業当初から中本は辛い料理を追求し、他店にはあまり見られないメニューを作り上げた。1998年12月に中本の健康上の理由により一旦は閉店となった。

中本の味に惚れ込んで、20年間も通い続けた常連客の白根誠は中国料理中本を継ぐことを熱望し、中本のもとで修行を始めた。そして2000年、中国料理中本は蒙古タンメン中本として再開した。現在は白根の経営する株式会社誠フードサービスが各店舗を運営している。

2008年頃からセブン&アイ・ホールディングスとの連携を強めており、同年11月に日清食品製造の「蒙古タンメン中本」ブランドのカップラーメンを発売したのを皮切りに、同ブランドのチルド麺・丼弁当などが同社傘下のセブン-イレブン、イトーヨーカドー等の店舗限定で全国発売している。なおカップ麺については店で提供するメニューに比べるとやや辛さを抑えており、また辛味オイルを別添とすることで辛さに慣れていない人間でも食べられるようになっている。「辛くてこってり」した味が好評で、冬場は有名店のカップ麺の中でも特に人気がある。 引用元:Wikipedia

蒙古タンメン中本のカップ麺は今までに何度か食べてきましたが、辛いの苦手な人には絶対に食べられない辛さになっています。

僕は辛いものに耐性があるほうですが、スープまで飲んだことはほとんどなく、飲めたとしても翌日お尻が爆発していました。

蒙古タンメン中本のカップラーメンの画像



辛味オイル入れなきゃいいじゃん!

カップラーメンについている袋は全部入れるという固定概念がこの簡単な事実を考え付くまでに相当の時間を有したことは置いておき、

そんなに辛いなら付属の辛味オイル入れなきゃいいじゃん

という発想に至りました。はい。

辛味オイルの画像

辛味オイルをあえて入れないことによって「味を損なわず、なおかつそんなに辛くない」を実現しました。

作った人はそれを考えて辛味オイルを別に用意してくれたんだと思うけど、今まで気が付きませんでした。はい。

普通のカップ麺だと、辛い元とスープの素が混ざってるじゃないですか、その点蒙古タンメンはしっかりと辛い部分だけ分けていて良いと思いました。

 

辛いの苦手な人も美味しく食べられます

やっぱり辛いだけのラーメンだけじゃなくて、元々美味しいラーメンに辛味があるほうが人気出ますよね。

ちなみに僕が一番好きなカップラーメンは麺屋はなびの台湾まぜそばです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です