僕たちはオリンピックの夢を諦めなければならない

オリンピックを諦めるサムネイル






落ち込む画像

 

どうも、プロブロガーになりたいTeTsuです。

文章だけで人の心を動かす職業って憧れませんか?

プロゲーマーもプレイで人の心を動かしますし、僕は人に影響を与えたいマンなのかもしれません(笑)

 

さて、眠れない夜にネットサーフィンして楽しんでたらこんな記事が目に飛び込んで来ました。

 

「e-sportsがオリンピック競技になっても暴力的なコンテンツは排除される」

 

ん?あれ?e-sportsで暴力的ではないコンテンツってなんだ?

そこで僕が考えるオリンピックの競技になりそうなゲームタイトルを紹介していきたいと思います!

 


スポンサーリンク




リアルスポーツゲーム

 

サッカーとか野球とかバスケをゲームにしたものですね。

僕も友人と「ウイイレ」とか「FIFA」とかやってましたねぇ。

 

最近だと、本物のサッカー選手がイメージトレーニングの為にプレイするくらいリアリティーがあるゲームですね。

これらなら平和的かつゲームを知らない人でもわかりやすく観戦できるでしょう。

 

しかし、e-sports的に盛り上がっているかと言われれば…

 

う~ん。e-sportsとしての話題性はないなぁ

 

ツイッチの画像

Twitchで視聴者順に並べても、下の方にFIFAが見切れている…

 


パズルゲーム

 

ここら辺のジャンルはあまり詳しくはないのですが、日本で言うところの「ぷよぷよ」とかですかね。世界目線で行くと「テトリス」とかでしょうか(笑)

暴力とはかけ離れた、頭脳戦ゲーならオリンピックで出しても大丈夫でしょう。

 

しかし、e-sports的に盛り上がっているかと言われれば…

 

う~ん。e-sportsとしての話題性はないなぁ

 

こういう系のゲームって極めてる人のプレイ画面見ても、何が起こっていて、何考えているのか正直全く分かんないです。

観戦の点においてもe-sports的にはどうなんだろう…

ぷよぷよの連鎖は見ていて気持ちが良いんですけどね(笑)

 


RTA

 

リアルタイムアタック(Real Time Attack)の略称でゲームのスタートからクリアまでの時間を競う感じの遊び方。

世界のマリオさんを最速でクリアまで導けば、全世界が感動と熱狂に包まれること間違いなし!

多少の暴力的要素(穴に落ちる、クリボーを踏む、クッパを溶岩に落とす、etc…)

はありますが、まぁ、なんとかなるでしょう(笑)

 

しかし、e-sports的に盛り上がっているかと言われれば…

 

う~ん。e-sportsとしての話題性はないなぁ

 

てかRTAってe-sportsなのか問題も発生してややこしくなってきますねぇ…

 


どうやら僕たちはオリンピックの夢を諦めなければならないようだ

 

僕たちが普段楽しんでいるe-sportsってどれも暴力的な表現があって、とてもじゃないけれどオリンピックの競技にはできそうにないですね。

僕も少し前までは

 

e-sportsが正式にオリンピックの競技になれば、日本にもe-sportsの風が吹くぞ!!

 

とか甘い考え方していましたけど、現実はこんなもんですよ。クソですね!!

しかし、現在進行形でそこらへんの協議が行われているみたいなんで、僕はそっと見守ることにしましたよ。

 

何か良い解決策が見つかれば良いですね!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です