プロゲーマー専門学生の僕がプロを諦めた3つの理由







記事のサムネイル

プロゲーマー専門学生のTeTsuです。

今回は皆さんに僕がプロゲーマー専門学校にいながらも、プロを諦めた理由をつらつらと書いていきたいなと思います。

 

3つの理由


ゲームだけして生きていけるのはほんの一握りの人間だけ

 

最近何かと話題のプロゲーマー。自称ゲーマーの僕には輝いた存在でした。

地元の友達とゲームをしても、一番上手かったのはいつも僕で天狗になっていました(笑)

 

そんなゲームのプロの世界に憧れていた矢先、プロゲーマー専門学校が日本で初めてできました。

 

僕は迷いなく入学を決意しました。

晴れてプロゲーマー1年生となった僕は毎日ゲームしました。

学校には最新のデバイス、設備が整っていたし、周りにはゲーム好きしかいない、まさに天国のような空間がそこにはありました。

 

授業内容を書くこと様々な力に潰されてしまうので書きませんが、プロに必要なことが学べる良い場所でした。

学校でチームを組んで大会などにも出場して、プロ目指して頑張っていたわけなんですが、ここらへんであることに気が付きます。

 

このゲームじゃ稼げない…

 

というか、日本でゲームだけで食っている人間が物凄く少なかったんです。

大体会社に勤めながら副業のような形でプロをしている人ばかりだったんです。

もちろんトッププロになればゲームで生活することは可能です。

しかし、

 

トッププロになるまでにどれくらいかかるんだ?

いつまで続くんだ?

プロ辞めたらどうしていくんだ?

 

これらの不安をどうしても拭いきれませんでした。

そんな中、学校で組んでいたチームが解散となり、僕はもう一度人生について考えてみることにしました。

 

たどり着いた答えがプロを諦める選択でした。

僕は現状の実力では一握りの人間にはなれないと思ったからです。

 

あの時相談に乗っていただいた方々には本当に感謝しています。

今思えば、チームの解散は悲しかったけど、人生を考える上で良い機会だったなと思っています。

 


1つのゲームを極めてるようじゃ生きていけない

 

プロを諦めるに至った理由の1つでもあるのですが、ゲームってサッカーや野球のように長く続いていくものではないんです。

新しいゲームが出れば、人はそこに流れて、古いゲームには人がいなくなる。

たとえそのゲームで世界一上手くなったとしても、人がいないコンテンツに需要なんて生まれるわけがないんです。

好きでもない人気ゲームでプロを目指すなんて僕にはできないと思いました。

 


日本では流行らないと思った

 

これが僕の中でプロをやめるに至った決定的な理由なんですが、e-sportsは日本では流行らないと思ったからです。

 

e-sportsとは

エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)は、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称。eSportseスポーツ)と省略した形で使われることのほうが多い。LANパーティの中から生まれたとされる。

高額な賞金のかけられた世界的な規模の大会などアマチュアから年収1億円を超えるプロゲーマーも存在し、世界の競技人口は5500万人以上となっている。特に『League of Legends』や『スタークラフト2』などはプロフェッショナルスポーツとも認定された(米国や日本でアスリートビザが発行された)。3億8,000万人以上の人々が、オンラインでも人でも、世界中のエスポートを見ています.  引用元:wikipedia 

 

海外では将来なりたい職業ランキングで1位を獲得するほどに盛り上がっているe-sportsですが、日本ではあまり盛り上がっていませんでした。

日本ではゲームに対してマイナスなイメージ(オタク、引きこもり、犯罪)が強すぎて国民に受け入れられないのです。

 

しかも、e-sportsって大体PCのゲームで行われるんですけど、日本人ってほとんどの人がゲーム用PCなんて持ってないんです。

あ、これは流行らねぇわって思っちゃいましたよね

 

一部の愛ある大人たちがe-sportsの発展に力を注いでいるのに対し、汚い大人が金目当てでe-sports産業に乗り込んでくる。そんなことばかりだったんです。

一見綺麗に見えた世界が一転、とても汚く見えてしまいました。

この通っている学校もどちらかといえば綺麗ではないでしょう。

業界での噂もあまり良いものではなかったです。

この記事学校内でも騒がれてました(笑)

↓     ↓     ↓

 

まぁ今思えばですよねぇ~って感じです(笑)

そんなわけで僕はプロの道を諦めたわけです。

スポンサーリンク




 


今後どうしていくんだよ!

 

僕はやっぱりゲームが好きなので、ゲームにかかわりながらできる仕事を探しつつ、将来必要になるであろうスキルを今のうちに勉強している感じです。

プロだけがゲーマーの生き方ではないといろいろな方教わったんでね!

ただ、一般的なサラリーマンのように働く気も一切ないのでそこら辺は上手く生きていきたいですね(笑)

 

 


プロゲーマーを目指す人たちに向けて

 

僕は別にプロを目指すのはダメだとは思いません。

ただ、「ゲームが好きだから!」という理由で目指すのであれば、それはちゃんと向き合う必要があると思います。

 

そもそも、「プロゲーマーってどうやって生きていくのか?どんな風に生きていきたいか?」が見えていない人が本当に多いと思います。僕もそうでしたから…

 

だから、自分の人生を通して実現したい事や、成し遂げたいことをぜひ考えてみてください。

 

そこから、それを実現するために今の自分はどういう行動をすべきか?を考えてみる。

 

でもそれを口にすると必ずといって良いほど否定や侮辱してくる人間が現れます。

 

そんなのなれるはずないだろ」「ニート予備軍

 

そういう人は大体e-sportsの事知らないんで無視して、まずはe-sports関連の人の意見を聞く。

 

プロゲーマーと直接面識のある人なら「そんなの無理だ」なんて絶対言わないからね。

 

親や仲のいい友人だってあなたのことが心配で引き止めたりすることもあると思います。でも、誰の意見を聞くべきか?しっかり考えて決断してください。

 


最後に

e-sportsが盛り上がっていないと言いましたが、今後どうなっていくかは未知の部分が多いです。もしかしたら、e-sportsが国技になって日本中がPCゲームに明け暮れる日が来るのかもしれません。

僕自身、プロを完全に諦めたわけではなく、社会人プロゲーマーという新たな目標ができています。

将来の夢「プロゲーマー

悪くないと思います!

 


まとめ

 

ここまで読んでくださった方ありがとうございます!

読みづらい部分もあったかと思います…ブログ更新していくうちに文章力上がればいいな…

ブログは頻繁に更新していくので今後ともよろしくお願いします!

20代のうちにいろいろなことにチャレンジしていきたいです(笑)







24 件のコメント

  • はじめまして!
    結構話題になってた記事なので飛んできて読ませていただきました、勉強になりますm(_ _)m

    ただリンク先の記事も読んで思ったのはEスポといっても格ゲはまた独特な世界なので分けて考えたほうがいいんじゃないかと。
    話聞いてるとぶっちゃけPC持ってるかも怪しいプロの人が多いですw ゲーセンで発達してきた世界なので。。。
    年齢層もすごく高いですし(37歳の梅原大吾氏が一昨日、最高峰の大会で優勝しました)

    自分はこういう専門学校の存在価値もちゃんとあるんじゃないかあと思います。
    実際ブログ著者さんはそこで(プロとしてやっていけるかも含めて)いろいろ学ぶことが出来たわけですよね?

    • たかしさん

      コメントありがとうございます!
      格ゲーの件ですが、全くその通りだとも思うし、少し違うとも思います。
      というのも、e-sports自体はPCなどで行われることが多いだけで、僕は格ゲーの筐体やコンソールゲーム、スマートフォンのゲームだって立派なe-sportsだと思っているからです。(モノによりますが…

      僕も初めはPCゲー以外e-sportsとは認めない!!勢でしたが、学校に来てくださる講師の方、様々なゲームイベントを通じて考え方が変わっていきましたよ!
      プロゲーマー専門学校とはいえ、ゲームばかりしているわけではありません。プロゲーマー以外にもゲームへのかかわり方はたくさんあると教えてくれたのも学校でした。僕は学校に、講師の方に感謝していますよ

  • まず大前提として貴方の人生は貴方のものなのだから、何を目指すも諦めるも全て貴方の自由で、一面識もない私がそこに異論を挟む余地もつもりもありません。

    、、と、一応断った上で。

    それでも貴方は貴方の思いに対する誰かの意見を聴きたくてここに自分の思いを綴ったのでしょうから、それに対して私が思った事を少しばかり。

    上の記事、主題を「プロゲーマー」から例えば「プロ野球選手」「プロテニスプレイヤー」「プロ歌手」「プロミュージシャン」「プロお笑い芸人」などに仮に置き換えたとしても、全く破綻なくすっと読めてしまいます。
    「ゲーム」と「スポーツ」「アート」「芸能界」は事情が異なる、と思われるかもですが、たかだか100年くらい前、つまり貴方のひいじいさんくらいの世代では、上記の全てはほとんど職業として成り立たないものでした。もちろん今でも上記いずれかの専業プロとして生きていけている人は少ないですけどね。

    結局、「生きる為にプロになる」のか、「プロになる、プロでい続ける為に生きる」のか、という意識の違いが問題です。そして、どの道であっても、あるいはどの時代にあっても、プロとして生きている人は、まず間違いなく全て後者です。バイトしながら寝る間も惜しんでプロとしてのスキル獲得に燃えている若者、どの業界でも珍しくありませんよ。

    貴方はどうですか?
    もし、「生きる為に」派なのであれば、そのまま諦めた方がいい。もっと楽な生き方は他に沢山あります。

    「プロとして生きる為に」派、、、では、ありませんね、少なくとも上の記事を読む感じでは。

    まだどちらかわからない、、、なら、せっかく与えられた環境を早々に投げ出すのではなく、せめてその環境をイヤでも手放さざるを得ない卒業を迎えるまでは、考え続けたらどうですか?少なくとも、後になって「あの時もっと頑張ればよかった、、、」なんて後悔する余地など一切なくなるまでは。

    本来、入学前に考えておかなくてはならない問題に今頃気付いている貴方に、おせっかいながら。

    • menomossoさん

      コメントありがとうございます。

      確かに入学前に考えておくべきことでした。今も反省しています。
      しかし、日本初のe-sportsが学べる唯一の場所でしたし、今ほどプロゲーマーの存在が明らかになっておらず、入学前はもしプロになれずとも、ゲームに関わる仕事ができればそれで良いと考えていました。私はただゲームが好きなだけで入学してしまった愚か者なのです。
      記事には書きませんでしたが、プロゲーマー専門学校にはプロゲーマー以外にも、いろんなプロフェッショナルを育てるカリキュラムがあります。
      私はゲーマーこそ諦めましたが、今はゲームに関わる別のプロフェッショナルを目指しています。
      諦めたことを笑われても文句は言いません。ですが、プロを本気で目指したあの時間は今でも誇りです。

  • 記事読ませて頂きました。

    下記長文失礼します。

    日本だとゲームはゲーム機を持ってやるものという印象が強いので、やはりPS4等をメインとして発売されているゲームの方が流行ると思うんですよね(近年だとドラクエ11、ポケモン等、イースポーツ目線だとスト5等)

    やはりRPG、格ゲー、協力系のゲームが日本だと主流なので、流行ってるイースポーツジャンルのRTS、FPS等の理解があまりないのが、日本でイースポーツが流行らない要因なのかな?と思います。

    ただ全く流行らないというわけではないとは思います
    でも日本でイースポーツの出資にGOサインをする人間というのは、中年世代以降の方が多いと思われるため、昔プレイしてたり、話題性があったりして中年世代以降の方に理解度の高いストリートファイターシリーズにばかり出資がいっているのかなと思います。

    現に日本人で世界的に知名度のあるプロゲーマーはウメハラさんやときどさんぐらいしかいません。

    最近流行りのlol、dota、pubgをイースポーツとして日本で流行らせるには、この中年世代のご年配の方達に理解して頂く他ないと、私は思います。

    応援しています。
    頑張って下さい

    • ai さん

      コメントありがとうございます!

      中年以降の世代の方に理解してもらうしかない。とても共感しました。
      やはり、ゲーム=オタクという流れはどうしてもついてきますが、僕たち若い世代はそんな偏見ほとんどなく、むしろ新しいことに挑戦していける世代だと思っているので。時間はかかりますがそこら辺の偏見を少しずつ無くしていきたいですね。
      僕には何ができるんだろう…

  • 現状のesports業界の国内と国外での扱いの差を把握していて、プロゲーマーになろうとしている人がどうして国内だけに活動の場を限定して海外に出ていかないのか不思議で仕方ないのですが。
    アメリカのesports業界は今まさに劇的に拡大・発展している最中なのだから、プロゲーマーになりたければ当然そちらに拠点を築いて活動しようとするのが自然な流れなのではないかと思うのですが(実際アメリカのesportsチームにはアジアの選手もたくさん在籍していますし)。

    • H2Oさん

      コメントありがとうございます。

      うーん、日本で実績もなく海外に出るのってどうなんですかね?
      もちろんe-sports大国の韓国などで腕を磨けば明らかに日本人よりプレイが上手くなるのはわかりますし、e-sportsで飯を食っていきたいならそれが一番現実的かもしれません。
      実際プロチームで海外に遠征して腕を磨いている日本チームもあるくらいですから。
      しかし、それは出資してくれるスポンサーがいるから初めて成り立つのであって、プロにも属していない一般人がいきなり海外に行くのはとても厳しいことなんだと思います。生活的にも精神的にも。

  • ゲーム配信者になるのが一番と思います。
    日本国内ではパイが少ないので、出来れば英語も喋れるようになるか正しい英語字幕を付けられるようになると視聴者数が大きく伸びると思います。
    プロゲーマーでなくても、視聴者が多ければスポンサーが付いたり、ゲーム紹介案件が入るかもしれません。

    どんな仕事もゲーム関連はライバルが多いと思いますが、せっかくのプレイスキルですから今すぐにでも始めたらどうでしょうか。
    他の仕事についても、メジャーになるには配信とSNSは外せないと思いますよ。

    てか、もう始めてますかねw

    • 喫茶ハワイさん

      コメントありがとうございます!

      大人になるにつれて英語の重要性に気がつくと昔から言われていますが、僕が今まさにその状態です(笑)
      ゲームで食べていくなら英語はとても便利なツールになると確信しています。
      配信はほとんどしていませんが今後活発に行う予定ですし、SNSでの発信はこれからも続けていくのでどうぞよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です